銀河鉄道の夜
目次
銀河鉄道の夜(宮沢賢治の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

銀河鉄道の夜

青空文庫作品

未定稿のまま死後発見された童話。昭和2年ごろの作と推定されている。初出『宮沢賢治全集』第三巻(文圃堂、昭和9年)。貧しいジョバンニと友人を助けるために死んだカムパネルラ、二人の少年は銀河鉄道に乗って幻想的な宇宙を旅する。(引用:青空文庫)

主な登場人物

ジョバンニ
・ ・ ・ ・ ・
主人公
先生
・ ・ ・ ・ ・
ジョバンニの学校の先生
活版処の人
・ ・ ・ ・ ・
活版処で働いている人
ジョバンニの母
・ ・ ・ ・ ・
ジョバンニの母
ザネリ
・ ・ ・ ・ ・
ジョバンニの同級生
牛乳屋
・ ・ ・ ・ ・
牛乳屋で働いている人
同級生達
・ ・ ・ ・ ・
ジョバンニの同級生
カムパネルラ
・ ・ ・ ・ ・
ジョバンニの同級生で親友
学者らしい人
・ ・ ・ ・ ・
途中下車した先で出会う
赤ひげの人
・ ・ ・ ・ ・
乗客の一人。鳥捕り。
鍵をもった人
・ ・ ・ ・ ・
乗客の一人
車掌
・ ・ ・ ・ ・
赤い帽子をかぶっていて背が高い
女の子
・ ・ ・ ・ ・
十二ばかりの眼の茶いろな可愛らしい女の子
青年
・ ・ ・ ・ ・
黒服の青年
男の子
・ ・ ・ ・ ・
青年と女の子と一緒にいた乗客
燈台看守
・ ・ ・ ・ ・
燈台看守
年寄り達
・ ・ ・ ・ ・
乗客の一人
マルソ
・ ・ ・ ・ ・
ジョバンニの同級生
カムパネルラの父
・ ・ ・ ・ ・
カムパネルラの父

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)