青空文庫等の名作小説をチャット形式で読める!無料小説投稿サイトBookChat

女生徒

太宰 治

「女生徒」(じょせいと)は、太宰治の短編小説。
日記を題材に、14歳の女生徒が朝起床してから、
夜就寝するまでの一日を主人公の独白体で綴っている。
新着作品

奇賊悲願

海野十三

奇賊悲願

海野十三の作品

青空文庫

海野十三の烏啼天駆シリーズ・3 【書き出し】 烏啼天駆《うていてんく》といえば、近頃有名になった...

心臓盗難

海野十三

心臓盗難

海野十三の作品

青空文庫

海野十三の烏啼天駆シリーズ・2 【書き出し】 黒眼鏡に、ひどい猫背の男が、虎猫色《とらねこいろ》...

奇妙な遠眼鏡

夢野久作

奇妙な遠眼鏡

夢野久作の作品

青空文庫

夢野久作の短編小説。 【書き出し】 ある所にアア、サア、リイという三人の兄弟がありました。その中...

黄金鳥

鈴木三重吉

黄金鳥

鈴木三重吉の作品

青空文庫

鈴木三重吉の短編小説。 【書き出し】 貧乏な百姓《ひゃくしょう》の夫婦がいました。二人は子どもが...

死の接吻

小酒井不木

死の接吻

小酒井不木の作品

青空文庫

小酒井不木の短編小説。 【書き出し】 その年の暑さは格別であった。ある者は六十年来の暑さだといい...

恐ろしき贈物

小酒井不木

恐ろしき贈物

小酒井不木の作品

青空文庫

小酒井不木の短編小説。 【書き出し】 ニューヨーク市、西第七十街のあるアパートメントに、グレース...

メデューサの首

小酒井不木

メデューサの首

小酒井不木の作品

青空文庫

「大衆文芸」1926(大正15)年9月号に掲載された小品。「T医科大学の四年級の夏休みに、わたしは卒業試...

死体蝋燭

小酒井不木

死体蝋燭

小酒井不木の作品

青空文庫

「新青年」1927(昭和2)年10月号に掲載された小品。蒸し暑い暴風雨の夜の、小坊主を前にした和尚の告白...

ダマスカスの賢者

鈴木三重吉

ダマスカスの賢者

鈴木三重吉の作品

青空文庫

鈴木三重吉の短編小説。 【書き出し】 むかし、ダマスカスといふ町に、イドリスといふなまけものがゐ...

裸身の女仙

野村胡堂

裸身の女仙

野村胡堂の作品

青空文庫

野村胡堂の短編小説。 【書き出し】 「姐御」「シッ、そんな乱暴な口を利いてはいけない」「成程《な...

天才兄妹

野村胡堂

天才兄妹

野村胡堂の作品

青空文庫

野村胡堂の短編小説。 【書き出し】 「お嬢さん、あなたはヴァイオリンをひきますか」隣席の西洋人は...

不器用な天使

堀辰雄

不器用な天使

堀辰雄の作品

青空文庫

堀辰雄の短編小説 【書き出し】 カフエ・シヤノアルは客で一ぱいだ。硝子戸を押して中へ入つても僕は...

あいびき

堀辰雄

あいびき

堀辰雄の作品

青空文庫

堀辰雄の短編小説。 【書き出し】 ……一つの小径《こみち》が生い茂った花と草とに掩《おお》われて...

花咲かじじい

楠山正雄

花咲かじじい

楠山正雄の作品

青空文庫

楠山正雄の短編小説。 【書き出し】 むかし、むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがありま...

金太郎

楠山正雄

金太郎

楠山正雄の作品

青空文庫

楠山正雄の短編小説。 【書き出し】 むかし、金太郎という強い子供がありました。相模国足柄山の山奥...

殺生石

楠山正雄

殺生石

楠山正雄の作品

青空文庫

楠山正雄の短編小説。 【書き出し】 むかし後深草天皇の御代に、玄翁和尚という徳の高い坊さんがあり...

和尚さんと小僧

楠山正雄

和尚さんと小僧

楠山正雄の作品

青空文庫

楠山正雄の短編小説。 【書き出し】 大《たい》そうけちんぼな和尚《おしょう》さんがありました。何...

山椒魚

岡本綺堂

山椒魚

岡本綺堂の作品

青空文庫

岡本綺堂の短編小説。 【書き出し】 K君は語る。早いもので、あの時からもう二十年になる。僕がまだ...

手袋を買いに

新美南吉

手袋を買いに

新美南吉の作品

青空文庫

新美南吉の短編小説。 【書き出し】 寒い冬が北方から、狐《きつね》の親子の棲《す》んでいる森へも...

百物語

岡本綺堂

百物語

岡本綺堂の作品

青空文庫

岡本綺堂の短編小説。 【書き出し】 今から八十年ほどの昔——と言いかけて、O君は自分でも笑い出し...

蜘蛛の糸

芥川龍之介

蜘蛛の糸

芥川龍之介の作品

青空文庫

釈迦はある日の朝、極楽を散歩中に蓮池を通して下の地獄を覗き見た。罪人どもが苦しんでいる中にカンダタ(犍陀...
★★★★★
1件のレビュー

ある男の堕落

伊藤野枝

ある男の堕落

伊藤野枝の作品

青空文庫

伊藤野枝の短編小説。 【書き出し】 私がYを初めて見たのは、たしか米騒動のあとでか、まだその騒ぎ...

ある女の裁判

伊藤野枝

ある女の裁判

伊藤野枝の作品

青空文庫

伊藤野枝の短編小説。 【書き出し】 ああ! 漸く、ほんとにやうやく、今日もまた今のびのびと体を投...

空気男

海野十三

空気男

海野十三の作品

青空文庫

海野十三の短編小説。 【書き出し】 「これでいい。もう今日から、わが家の門を堂々とくぐれるんだ」...

生きている腸

海野十三

生きている腸

海野十三の作品

青空文庫

海野十三の短編小説。 【書き出し】 医学生吹矢隆二は、その日も朝から、腸《はらわた》のことばかり...

あさましきもの

太宰治

あさましきもの

太宰治の作品

青空文庫

太宰治の短編小説。 【書き出し】 賭弓《のりゆみ》に、わななく/\久しうありて、はづしたる矢の、...

母たち

小林多喜二

母たち

小林多喜二の作品

青空文庫

初出:「改造」改造社、1931(昭和6)年11月号 【書き出し】 弟が面会に行くとき、今度の事件...

独房

小林多喜二

独房

小林多喜二の作品

青空文庫

初出:「中央公論 夏期特集号」中央公論社、1931(昭和6)年7月 【書き出し】 誰でもそうだが...

亡弟

中原中也

亡弟

中原中也の作品

青空文庫

中原中也の短編小説。 【書き出し】 ああ、もう、死んでしまはうか……自分の正直さが、といふよりも...

Kの昇天

梶井基次郎

Kの昇天

梶井基次郎の作品

青空文庫

夜の海岸で満月の光に象られた自分の影から出現するドッペルゲンガーに導かれて昇天してゆく青年Kについて物語...

人間レコード

夢野久作

人間レコード

夢野久作の作品

青空文庫

ロシアで発明された人間レコード。本人には何一つ記憶させず、脳髄に電気吹込みで、複雑な文句を記憶させるとい...

ざんげの塔

夢野久作

ざんげの塔

夢野久作の作品

青空文庫

夢野久作の短編小説。 初出:「探偵趣味」1927(昭和2)年6月

温泉

梶井基次郎

温泉

梶井基次郎の作品

青空文庫

梶井基次郎の短編小説。

ツクツク法師

夢野久作

ツクツク法師

夢野久作の作品

青空文庫

夢野 久作の短編小説。 初出:「九州日報」1925(大正14)年9月4~6日

藪の中

芥川龍之介

藪の中

芥川龍之介の作品

青空文庫

複数の視点から同一の事象を描く内的多元焦点化(ジュネット)の手法がとられ、殺人と強姦という事件をめぐって...

文字禍

中島敦

文字禍

中島敦の作品

青空文庫

アッシリアの碩学ナブ・アヘ・エリバ博士が、文字の霊が人間に及ぼす災いについて研究しアッシュールバニパル王...

踊る一寸法師

江戸川乱歩

踊る一寸法師

江戸川乱歩の作品

青空文庫

初出:「新青年」博文館、1926(大正15)年1月

真田幸村

菊池寛

真田幸村

菊池寛の作品

青空文庫

この作品を含む16作品は底本である「日本合戦譚」(文芸春秋、1987(昭和62)年2月)に収録されている...

倫敦塔

夏目漱石

倫敦塔

夏目漱石の作品

青空文庫

漱石は1900年(明治33年)10月から1902年(明治35年)12月までの2年間、文部省留学生としてロ...

武蔵野

国木田独歩

武蔵野

国木田独歩の作品

青空文庫

武蔵野を主題とし、その風景美と詩趣を描きつくした著名な随筆作品で、後世の“武蔵野のイメージ”の形成に多大...

地獄変

芥川龍之介

地獄変

芥川龍之介の作品

青空文庫

時は平安時代。絵仏師の良秀は高名な天下一の腕前として都で評判だったが、その一方で猿のように醜怪な容貌を持...

早すぎる埋葬

エドガー・アラン・ポー

早すぎる埋葬

エドガー・アラン・ポーの作品

青空文庫

仮死状態などのために死亡と誤認されて、墓の下に生き埋めにされることの恐怖をテーマにしている。19世紀の西...

カインの末裔

有島武郎

カインの末裔

有島武郎の作品

青空文庫

獰猛な欲望と生命力に突き動かされる農夫、仁右衛門。人間に立ちはだかり圧倒する自然の猛威。羊蹄山のふもと北...

不良少年とキリスト

坂口安吾

不良少年とキリスト

坂口安吾の作品

青空文庫

初出:「新潮 第四五巻第七号」1948(昭和23)年7月1日

小さき者へ

有島武郎

小さき者へ

有島武郎の作品

青空文庫

語り手である父親が3人の子供へ宛てた書き物。 初出:「新潮」1918(大正7)年1月

グスコーブドリの伝記

宮沢賢治

グスコーブドリの伝記

宮沢賢治の作品

青空文庫

グスコーブドリ(ブドリ)はイーハトーブの森に暮らす樵(きこり)の息子として生まれた。冷害による飢饉で両親...

小学教育の事

福沢諭吉

小学教育の事

福沢諭吉の作品

青空文庫

初出:「福澤文集 二編」1879(明治12)年8月

手紙

夏目漱石

手紙

夏目漱石の作品

青空文庫

語り手は、ふとした場所で意外な手紙の発見をし、それが思いがけない結果につながる。

文鳥

夏目漱石

文鳥

夏目漱石の作品

青空文庫

三重吉に勧められて、文鳥を飼うことにした主人公が最初は世話をし、文鳥の姿に様々な感慨を抱くが、小説を書く...

名人伝

中島敦

名人伝

中島敦の作品

青空文庫

趙の都・邯鄲に住む紀昌(きしょう)は、天下第一の弓の名人になろうと名手・飛衛(ひえい)に入門し、五年余の...

人生の樂事

福沢諭吉

人生の樂事

福沢諭吉の作品

青空文庫

初出:「時事新報」1893(明治26)年11月14日

人間失格

太宰治

人間失格

太宰治の作品

青空文庫

『人間失格』(にんげんしっかく)は、小説家・太宰治による中編小説。『ヴィヨンの妻』『走れメロス』『斜陽』...

少女病

田山花袋

少女病

田山花袋の作品

青空文庫

田山花袋の短編小説。

グッド・バイ

太宰治

グッド・バイ

太宰治の作品

青空文庫

太宰治の短編小説。初出:「朝日評論」1948(昭和23)年7月

日記帳

江戸川乱歩

日記帳

江戸川乱歩の作品

青空文庫

江戸川乱歩の短編小説。初出:「写真報知」報知新聞社、1925(大正14)年3月5日

屋根裏の散歩者

江戸川乱歩

屋根裏の散歩者

江戸川乱歩の作品

青空文庫

郷田三郎は学校を出ても定職に就かず、親の仕送りを受けて暮らしている。酒、女をはじめあらゆる遊戯に興味を持...

殺人リレー

夢野久作

殺人リレー

夢野久作の作品

青空文庫

探偵小説作家夢野久作の短編小説集『少女地獄』に掲載されている。 田舎から上京してバスガイドになった...

何んでも無い

夢野久作

何んでも無い

夢野久作の作品

青空文庫

探偵小説作家夢野久作の短編小説集『少女地獄』に掲載されている。 医師・臼杵の前に可憐な19歳の少女...

一握の砂

石川啄木

一握の砂

石川啄木の作品

青空文庫

1910(明治43)年に刊行された啄木の処女歌集。1首3行書きのスタイル、及び生活の実感を平易に歌う歌風...

セロ弾きのゴーシュ

宮沢賢治

セロ弾きのゴーシュ

宮沢賢治の作品

青空文庫

ゴーシュは町の活動写真館の楽団「金星音楽団」でセロ(チェロ)を弾く係。楽団では近く町の音楽会で演奏予定の...

オツベルと象

宮沢賢治

オツベルと象

宮沢賢治の作品

青空文庫

ある日、地主のオツベルのところに大きな白い象がやってくる。オツベルは象をうまく騙して自分の所有物にし、過...

外科室

泉鏡花

外科室

泉鏡花の作品

青空文庫

時は明治。高峰医師によって、貴船伯爵夫人の手術が行われようとしていた。しかし、伯爵夫人は麻酔を受付けよう...

よだかの星

宮沢賢治

よだかの星

宮沢賢治の作品

青空文庫

かつて国語の教科書にも採用された、有名な作品である。小学生向けには、弱い者いじめや外見の美醜による差別の...

刺青

谷崎潤一郎

刺青

谷崎潤一郎の作品

青空文庫

谷崎潤一郎の短編小説。谷崎本人が処女作だとしている短編で、皮膚や足に対するフェティシズムと、それに溺れる...

指環

江戸川乱歩

指環

江戸川乱歩の作品

青空文庫

江戸川乱歩の短編小説。

まほうやしき

江戸川乱歩

まほうやしき

江戸川乱歩の作品

青空文庫

江戸川乱歩の短編小説。

悪魔

芥川龍之介

悪魔

芥川龍之介の作品

青空文庫

芥川龍之介の短編小説。芥川の小説におけるジャンル「切支丹物」のひとつ。

 I can speak 

太宰治

 I can speak 

太宰治の作品

青空文庫

太宰治の短編小説。

牛をつないだ椿の木

新美南吉

牛をつないだ椿の木

新美南吉の作品

青空文庫

新美南吉作の児童文学。南吉最晩年の作品。南吉の生前に計画され、死の直後に刊行された童話集「牛をつないだ椿...

売られていった靴

新美南吉

売られていった靴

新美南吉の作品

青空文庫

短編小説

飴だま

新美南吉

飴だま

新美南吉の作品

青空文庫

短編小説

ごん狐

新美南吉

ごん狐

新美南吉の作品

青空文庫

貧しい村人といたずら好きの狐とのふれあいといきちがいが、民話風に描かれる。小学校の国語教科書でも、教材と...

あばばばば

芥川龍之介

あばばばば

芥川龍之介の作品

青空文庫

『あばばばば』は、保吉ものと呼ばれる作品群の一つで、実生活に取材した私小説。

十三時

エドガー・アラン・ポー

十三時

エドガー・アラン・ポーの作品

青空文庫

この本の日本語訳は森林太郎によるものです。

黒猫

エドガー・アラン・ポー

黒猫

エドガー・アラン・ポーの作品

青空文庫

酒乱によって可愛がっていた黒猫を殺した男が、それとそっくりな猫によって次第に追い詰められていく様を描いた...

パノラマ島綺譚

江戸川乱歩

パノラマ島綺譚

江戸川乱歩の作品

青空文庫

売れない物書きの人見廣介は、定職にも就かない極貧生活の中で、自身の理想郷を夢想し、それを実現することを夢...

少年探偵団

江戸川乱歩

少年探偵団

江戸川乱歩の作品

青空文庫

東京で次々と起きる少女誘拐事件。そして篠崎家に忍び寄る黒い影。「呪いの宝石」の言い伝えは事実なのか。これ...

草枕

夏目漱石

草枕

夏目漱石の作品

青空文庫

1906年(明治39年)に『新小説』に発表。熊本県玉名市小天温泉を舞台にして、作者・漱石の言う「非人情」...

人間椅子

江戸川乱歩

人間椅子

江戸川乱歩の作品

青空文庫

『人間椅子』(にんげんいす)は、江戸川乱歩の著した短編小説である。『苦楽』1925年(大正14年)9月号...

斜陽

太宰治

斜陽

太宰治の作品

青空文庫

没落していく人々を描いた太宰治の代表作で、没落していく上流階級の人々を指す「斜陽族」という意味の言葉を生...

春琴抄

谷崎潤一郎

春琴抄

谷崎潤一郎の作品

青空文庫

盲目の三味線奏者・春琴に丁稚の佐助が献身的に仕えていく物語の中で、マゾヒズムを超越した本質的な耽美主義を描く。

舞姫

森鴎外

舞姫

森鴎外の作品

青空文庫

森鴎外が1884年から4年間ドイツへ医学を学ぶために留学した時に執筆された。主人公の手記の形をとり、その...

或阿呆の一生

芥川龍之介

或阿呆の一生

芥川龍之介の作品

青空文庫

『或阿呆の一生』(あるあほうのいっしょう)は、芥川龍之介作の短編小説。雑誌『改造』1927年10月号に掲...

羅生門

芥川龍之介

羅生門

芥川龍之介の作品

青空文庫

芥川の5作目の短編小説。次の作品『今昔物語集』巻二十九「羅城門登上層見死人盗人語第十八」に題材を取り、人...

山月記

中島敦

山月記

中島敦の作品

青空文庫

唐の時代、隴西の李徴は若くして科挙試験に合格する秀才であったが、非常な自信家で、一介の官吏の身分に満足で...

堕落論

坂口安吾

堕落論

坂口安吾の作品

青空文庫

『堕落論』(だらくろん)は坂口安吾の随筆・評論。坂口の代表的作品である。第二次世界大戦後の混乱する日本社...

D坂の殺人事件

江戸川乱歩

D坂の殺人事件

江戸川乱歩の作品

青空文庫

D坂で起きた密室殺人事件を“私”と素人探偵“明智小五郎”が追及していくという短編推理小説。江戸川乱歩が自...

吾輩は猫である

夏目漱石

吾輩は猫である

夏目漱石の作品

青空文庫

「吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。」という書き出しで始まり、中学校の英...

押絵と旅する男

江戸川乱歩

押絵と旅する男

江戸川乱歩の作品

青空文庫

乱歩は自作の自己評価に厳しいことで有名だが、この作品に関しては「ある意味では、私の短篇の中ではこれが一番...

女生徒

太宰治

女生徒

太宰治の作品

青空文庫

「女生徒」(じょせいと)は、太宰治の短編小説。 1938年(昭和13年)9月に女性読者有明淑(当時19...

二銭銅貨

江戸川乱歩

二銭銅貨

江戸川乱歩の作品

青空文庫

『二銭銅貨』(にせんどうか)は1923年(大正12年)に江戸川乱歩が発表した短編推理小説であり、探偵小説...

芥川龍之介

芥川龍之介の作品

青空文庫

「鼻」(はな)は、芥川龍之介による初期の短編小説。1916年に『新思潮』の創刊号で発表された。『今昔物語...

檸檬

梶井基次郎

檸檬

梶井基次郎の作品

青空文庫

得体の知れない憂鬱な心情や、ふと抱いたいたずらな感情を、色彩豊かな事物や心象と共に詩的に描いた作品。三高...

走れメロス

太宰治

走れメロス

太宰治の作品

青空文庫

『走れメロス』(はしれメロス)は、太宰治の短編小説。処刑されるのを承知の上で友情を守ったメロスが、人の心...

坊っちゃん

夏目漱石

坊っちゃん

夏目漱石の作品

青空文庫

1906年(明治39年)、『ホトトギス』第九巻第七号(4月1日発行)の「附録」(別冊ではない)として発表...

ヴィヨンの妻

太宰治

ヴィヨンの妻

太宰治の作品

青空文庫

作者を髣髴させる、元男爵の次男だという帝大出の詩人の妻「さっちゃん」の視点で、大谷と彼を取り巻く人々の言...

銀河鉄道の夜

宮沢賢治

銀河鉄道の夜

宮沢賢治の作品

青空文庫

未定稿のまま死後発見された童話。昭和2年ごろの作と推定されている。初出『宮沢賢治全集』第三巻(文圃堂、昭...

雨ニモマケズ

宮沢賢治

雨ニモマケズ

宮沢賢治の作品

青空文庫

『雨ニモマケズ』(あめニモマケズ)は、宮沢賢治の没後に発見された遺作のメモである。一般には詩として受容さ...

注文の多い料理店

宮沢賢治

注文の多い料理店

宮沢賢治の作品

青空文庫

宮沢賢治の児童文学の短編集であり、またその中に収録された表題作である。短編集としては賢治の生前に出版され...

怪人二十面相

江戸川乱歩

怪人二十面相

江戸川乱歩の作品

青空文庫

20の違う顔を持っていると言われる変装名人であり、盗む際には予告状を送ることで新聞を賑わせている大怪盗怪...

こころ

夏目漱石

こころ

夏目漱石の作品

青空文庫

漱石が乃木希典の殉死に影響を受け執筆した明治末期の作品である。 人間の深いところにあるエゴイズムと、人...